1. ホーム/
  2. 動画配信/
  3. Wowza Streaming Engine ライセンス販売

Wowza Streaming Engine ライセンス販売

Wowza Streaming Engine Wowza Streaming Engine 概要ムービー

米国Wowza Media Systems社の正規代理店として、ストリーミング配信用サーバーソフトウェア Wowza Streaming Engineのライセンス販売・管理、システムインテグレーション、およびそのサポートを提供しています。またベンダー様への卸販売にも対応いたします。

Wowza Streaming Engine Version 4.6リリース!(2016年11月22日)

  • ご購入は正規代理店で
  • 最新情報
  • 概要
  • 仕様
  • 取扱ライセンス
  • システム構築
  • ご購入

Wowza Streaming Engineのご購入は正規代理店で

Wowza Media Systems Authorized Reseller Wowza Streaming Engine

株式会社よんでんメディアワークスは、Wowza Streaming Engineの開発元である米国Wowza Media Systems社認定の正規代理店です。Wowza Media Systems社からライセンス販売、ライセンス管理およびシステム構築など、以下の内容について許諾されています。 また、正規代理店としての販売サポートに加え、2015年10月にプレミアムチャンネルパートナーに認定されました。日本国内では、弊社のみとなり、導入前のコンサル、技術サポートについても、Wowza社と協力のもと、ご提案させて頂くことが可能です。

※プレミアムチャンネルパートナとは、数あるリセラーの中から最も貢献度および将来性のある会社を選定、販売支援、推進するためのWowza社独自のパートナーシップ(提携)プログラムです。

1.Wowza Streaming Engineソフトウェアのライセンス販売

エンドユーザー様向けの直販に加え、ベンダー様等への卸販売(配布)を許可された日本で唯一の総代理店(Authorized Distributor)です。

2.メーカー認定のシステムインテグレーション

当社は、お客さまのサーバーに本ソフトウェアをインストールして設定する等、お客さまに代わってシステム構築するインテグレーション作業を許可されています。
当社にインテグレーション作業をご依頼頂くことで、最新のWowza技術を直ぐにご活用頂くことができる標準プレーヤー「HTML5対応」やマルチデバイス配信に対応したブラウザ版ライブエンコーダーなどの各種ツールをご利用頂くことが可能です。詳しくは、こちらの資料をご覧ください。

3.安心・充実のお客さまサポート

お客さまが直ぐにサーバーを運用して頂くためにWowzaStreamingEngineの簡易操作マニュアル(日本語)「Sample」などを作成し、ご購入頂いた方に配布しております。
また、Wowzaのシステム構築として、システム設計・コンサル、インテグレーション業務および組み込み製品の販売も行っております。詳しくは、Wowzaソリューション事例をご覧ください。
その他、Wowza導入時のトラブル、バージョンアップなど、Wowzaソフトウェアに精通した販売および技術スタッフがサポートを行っています。お気軽にお問い合わせください。

※障害時のログ分析、設定ファイル調査など踏み込んだ運用に関するサポートも有償で行っております。なお、アドオン機能については一部対応しておりませんのでご了承ください。

4.Wowza対応のビデオクラウドサービスで大規模配信をサポート

インターネット上にWowzaを構築、大規模配信を計画されているお客さま向けに、Wowza対応のビデオクラウドサービスMedia-Gatherを販売しています。簡単操作で、最新機能のWowzaをご利用頂くことが可能です。動画コンテンツの投稿、変換および管理に加え、最新のMPEG-DASHプレーヤーについてもサポートしています。
また、Wowzaを既にご利用頂いているお客さまについても、指定のストリームを中継して、大規模にライブ配信を行うことが可能です。詳しくは、こちら

最新情報

リリース情報

Wowza Streaming Engine Version 4.6のリリース内容について

以下の新しい機能が利用できます。

  • WowzaPlayerが利用できるようになりました。
    WowzaPlayerは、HTML5プレーヤーで、HLSをサポートしています。埋め込みタグを利用して簡単にHTML5ストリーミングが可能です。詳しくは、こちら
  • GPUスケーリング機能
    新XMLの構成で、CPU負荷を最大90%削減するためにGPUのスケーリングとロードバランシングの拡張機能が提供されています。
  • WebRTC with Live Repeater
    ライブリピータにWebRTCのサポートが追加され、視聴者はWebRTCを使用して低レイテンシで大規模なライブ配信を実現できます。

重要なお知らせ

旧バージョンからの無償アップグレード終了について
米国時間2015年9月30日をもちまして、Wowza Media Server 3 Perpetual Edition等の旧バージョンからWowza Streaming Engine Perpetual Editionへの「無償」でアップグレードは、終了いたしました。
有償バージョンアップについては、ご相談ください。
WOWZA Streaming Engine Proの販売
2015年2月2日 Wowza Streaming Engine Proが発表されました。これに伴い、旧バージョンは、2015年2月27日で販売を終了いたしました。

お知らせ

2016年06月24日
Wowza Streaming Engine Version 4.6リリース!(2016年11月22日)
2016年06月24日
Wowza Streaming Engine Version 4.5リリース!(2016年6月24日)
2016年03月02日
Wowza Streaming Engine Version 4.4.1がリリースされました。
2015年10月12日
Wowza Streaming Engine Version 4.3がリリースされました。
2015年10月10日
販売実績数および営業および技術サポートが評価され、プレミアムチャンネルパートナーに認定されました。
2015年06月16日
Wowza Streaming Engine Version 4.2がリリースされました。
2015年03月16日
Wowza Streaming Engine Monthly Subscription Pro Edtionの取扱いを開始しました。
2015年03月02日
Wowza Streaming Engine Perpetual Pro Edtionの販売を開始しました。
2015年02月03日
カナダEpiphan社VGADVI Broadcaster(デスクトップ配信用エンコーダー)との接続を確認しました。
2015年02月02日
Wowza Streaming Engine Proが発表されました。3月2日から販売を開始します。
2015年01月22日
2014年度現在 Wowza Streaming Engine 国内売上No.1になりました。
2014年07月23日
第1四半期 売上No.1になりました。
2014年07月08日
Wowza Streaming Engine 再販者向け販売に対応しました。
2014年05月29日
Wowza Streaming Engine 販売を開始しました。(再販除く)
2014年05月21日
Wowza Streaming Engine 予約受付を開始しました。
2014年03月30日
正規代理店として、世界でTOP10に入りました。
2014年02月20日
Wowza Streaming Engine 対応のサイトに更新しました。
2014年02月11日
Wowza Streaming Engine ver4がリリースされました。
2014年01月27日
Matrox社製Monarch HDとの正常な接続と配信を確認しました。
2013年01月22日
株式会社Cerevo製LiveShellProとの正常な接続と配信を確認しました。
2012年11月13日
Wowza Media ServerR 3.5がリリースされました。新機能についてはこちらをご覧ください(英語版)。
2012年08月09日
カリーナ様のCambria Liveで動作を確認しました。
2012年05月22日
株式会社Cerevo様のLiveShellで動作を確認しました。
2012年05月02日
Audioのみトランスコード(ライブ機能)できるオプションが追加されました。
2012年04月14日
AddOn Network DVR が正式にリリースされ、Wowza Media Server 3.1となりました。
2011年10月11日
Wowza Media Server3が正式にリリースされました。
2011年10月05日
Wowza Media Server 3 Preview 5(評価版)がリリースされました。
2011年09月01日
Wowza Media Server 3 Preview 4(評価版)がリリースされました。
2011年07月09日
Wowza Media Server 3 Preview 2(評価版)がリリースされました。評価には、新しいライセンスの申込が必要です。評価用ライセンスについては、2011年9月1日の期間限定となります。詳しくはこちらへ。
2011年06月01日
Wowza Media Server 3 評価版のリリース準備中。無償バージョンアップにて評価いただけます。ライブ中におけるタイムシフト再生、サーバー上でのデジタル変換機能などがオプションで追加サポートされます。
2011年02月07日
ライブエンコードソフトウェア (Wirecast4)販売を開始。
2010年12月03日
HTML5ストリーミング (WebM/VP8)に対応しました
2010年07月30日
ライブエンコーダ製品(Media-Rex)をリリース

概要

ソフトウェア概要

Wowza Streaming Engine(旧Wowza Media Server)は、最新のAdobe Media Server Proのクローンサーバーです。コストパフォーマンスに優れた製品で、世界中に多くのユーザが導入しています。FlashPlayerへのストリーミングに加え、Silverlight、QuickTimePlayer、iPhone/iPad、Androidなどあらゆる環境にストリーミング配信(Live/Vod)を実現する世界で唯一の統合ストリーミングサーバー製品です。

ソフトウェア概要

Wowza Transcoder™、 Wowza Network DVR™、 Wowza DRM™などのアドオン(拡張機能)を用意しています。これらのアドオンを使用することで、誰でもアダプティブストリーミングやタイムシフト再生(追っかけ再生)、デジタル著作権保護のような従来では難しかった事象についても実現可能となりました。結果として、作業が効率化できるだけでなく、増大するシステムの信頼性向上とそれに係るコストの低減につながることになります。

ドキュメント Wowza Streaming Engineの特長(英語)
Wowza Streaming Engine概要(英語)
End User License Agreement(EULA) ver.4.3
ソフトウェアダウンロード こちらからソフトウェアをダウンロードできます
Windwos / Mac / Linux RPM / Linux DEB / Linux/Solaris Unix

ソフトウェアの特長

1.ハイパフォーマンス
Wowza Streaming Engineはマルチスレッド、64ビット対応のJavaベースのサーバー製品です。最新のAdobe Media Server Proでリリースされた主要な機能を装備しています。ビデオ・オン・デマンド、ライブ中継、録画、チャットを含む広範囲にわたるインタラクティブなマルチメディアアプリケーション環境を実現する熟練者志向のプラットホームといえます。
2.豊富な機能
Wowza Streaming Engineは、Adobe Media Server Proの特徴となるインタラクティブ機能を備えており、ビデオ(FLV、H.264)、オーディオ(MP3、HE-AAC)を含むすべてのFlash Player/AIRで互換性のあるファイル形式のストリーミングをサポートしています。 ゲームやビデオチャット、インターネット放送、ビデオオンデマンドと幅広いストリーミングビジネスを豊富な機能でサポートいたします。 Wowza Streaming Engineで新しく追加されたWeb管理ツールにより、ライブやVODの登録も簡単に設定できます。

Web管理ツール

Web管理ツールが追加され、簡単にライブ、VODの配信設定が可能です。

豊富な機能
  • ライセンス管理
  • サーバーチューニング(配信ポートなど)
  • モニタリング「CPU/メモリ使用率」、各アプリケーションの接続数および帯域
  • サーバー再起動およびアプリケーション再起動
  • ライブおよびVODのアプリケーション登録(複製)
  • ライブ用エッジサーバー、オリジンサーバー管理
  • Media-Cache管理
  • 各配信方式の管理(MPEG-DASH/HLS/RTSP/RTP/HTTP)
  • 接続数制限、IPアドレス制限(Black-list,White-list)

豊富なサンプルアプリケーション

  • 各種プレイヤー(Flash RTMP/HDS/HTTP)、Silverlight(HTTP)Sample
  • nDVRサンプルプレイヤー
  • Videoチャット
  • Video録画
  • SHOUTcast/ICEcast(Audio) 中継ストリーミング
  • リモートシェアードオブジェクト
  • サーバーサイドモジュール
  • 暗号化配信(Stream Lock/256bit SSL暗号化モジュール)
  • 帯域測定
  • ロードバランシンス
  • RTMPS通信モジュール
  • RTSPライブ配信対応モジュール
  • iOS向けHLSストリーミングモジュール

その他の機能

  • MP3とHE-AACに対応したSHOUTcast/Icecastによるストリーミング再送信機能
  • FLVファイルにおいて早送り、巻き戻し、倍速再生、静止画の切り出しに対応
  • ライブ、チャット、VODとそれぞれにあったアプリケーションを最適に実装可能
3.スケーラブル
マルチサーバー環境で動作します。ライブにおけるOrigin/Edgeサーバー構成によるレピータ機能も標準で実装でき、ロードバランスなどの負荷分散配信が行えます。
4.拡張性
JAVAのAPIをご用意していますので、お客さまでサーバーサイドプログラムを開発できます。開発ツールとしてEclipseをベースにしたWowzaIDEが用意されています。
5.安全性
ドメインやIPアドレスの指定よるリファラー認証に加え、サーバーとプレイヤー間で暗号化通信を行う独自のセキュアトークンを実装でき、不正なリッピングから強固にコンテンツを保護できます。
6.クロスプラットホーム
Sunの提供しているJava1.6以降をサポートするOSであれば、全て動作します。Windows、Linux、Unix(Solaris and Mac OS X) に対応しています。

仕様

サーバー動作環境(32bit/64bit対応)

Windows
windows Server 2003, 2008, 2012
WindowsVista※, Windows7※, Windows8/8.1※
※同時接続数は、OSライセンスに依存します
Macintosh
Mac OSX
Unix
Solaris
Linux
RedHat, CentOS
NetWork
IPv6 Support
推奨ハードウェア
シングルCPU Quad Core, 3.00 GHz以上
RAM: 4GB以上
Disk: RAID 0 (striping)以上
Network: 1Gb or 10Gb Ethernet

ストリーミング対応フォーマットと再生プレイヤー

MPEG-DASH
IE11(ただし、Windows 8.1のみ)以上
Google Chrome23以降
Android4.3以降
Adobe RTMP Dynamic Streaming(RTMPE, RTMPT, RTMPTE, RTMPS)
Flash player (PC、モバイル、PlayStation3/Wii等のゲーム機、セットトップボックス)
AIR
Apple HTTP Live Streaming (HLS)
iPhone, iPod touch (iOS 3.0以降), iPad, QuickTime player (10.0 以降), Safari (4.0 以降) その他OTT-STB(Roku等)をはじめとした互換性端末
RTSP/RTP
Android, BlackBerry (RIM), HP webOS, Symbian, QuickTime player, 3GPPモバイルデバイス(スマートフォン)など, VideoLAN VLC player

ストリーミング対応ファイル

VODファイルタイプ
flv, f4v, m4v, mp4, m4a, mov, mp4v, 3gp, 3g2, mp3

サービス用ポート番号

配信用
TCP 1935 RTMP/RTMPE/RTMPT/RTSP
TCP 80 Apple HTTP Live Streaming (HLS), Adobe HTTP Dynamic Streaming(HDS), Microsoft Smooth Streaming, RTMPT
TCP 443 RTMPS, HTTPS(HLS/HDS/MSS)
TCP 554 RTSP
UDP 6970-9999RTP UDP(Android RTSP Streamingで利用)
管理用
TCP 8084-8085 JMX/JConsole monitoring and administration
TCP 8086 Administration
TCP 8088 マネジャー(Webツール)

Live/VOD対応セットトップボックス

セットトップボックス
デジタルサイネージや管内放送などでお使いいただけます。
製品についてはお問い合わせください。

Live対応エンコーダ

ソフトウェア製品
ハードウェア製品
  • ※上記エンコーダ製品は当社で全て動作検証しております。
  • ※2012/05/22 Cerevo LiveShellでの動作を確認できました。FashPlayer10以上へ配信できます。
  • Adobe Flash Media Live Encoder3(free)については、本製品と接続することがライセンス規約上許されておりませんので、ご利用いただくことができません。ご注意ください。

Wowza Transcoder™ AddOn

機能
放送業務用IPエンコーダなどの1ライブ映像ソースをPC(Flash,Silverlight)およびiOSで視聴できるように複数のビットレートに変換し、アダプティブ配信するこができる機能です。
※オーディオのみのトランスコードも可能です。
※トランスコード時にウォーターマークを表示することも可能です。
詳しくはこちら
対応OS
Windows64bitOS/Linux 64bit
デコード
Video: MPEG2, MPEG 4 Part 2, H.264/AVC
Audio: MP3, AAC (LC & HE), MPEG1 Part 1/2, Speex, G.711
エンコーディング
Video: H.264/AVC
Audio: AAC (LC & HE)
確認ソフトウェア
Adobe Flash Media Live Encoder3
トランスコード確認ハードウェア
Kubotek MpegBlockⅣ(MNB962ENC)
Vivoteck VS8102/IP8161
Axis M10シリーズ
FastVDO SmartCast(SD)
  • ※機器の接続、動作検証については、お問い合わせください。

Wowza nDVR™ AddOn

機能
Flash, Silverlight, Appleの各再生端末でタイムシフト再生(追っかけ再生機能)が可能です。ライブ中のPause (一時停止), Rewind (巻き戻し), Forward (早送り), Resume to Live (再開) が可能です。
詳しくはこちら

Wowza DRM™ AddOn

機能
Verimatrix VCAS? (Apple端末でViewRightを利用の場合)
Microsoft PlayReady (Silverlightを利用の場合)
BuyDRM,EZDRMなどDRMサービスプロバイダーAPIに対応
AndroidおよびiOS端末でPlayReadyを利用する場合は、Microsoftのモバイルポーティングキット(Smooth Streaming対応)のライセンス契約が別途必要です。
詳しくはこちら
方式
ライブ:ストリーム毎にキーをローテーションする形式
VOD:アセット毎またはセッション毎にキーをローテーションする形式
  • ※Flash Access(DRM)は、対応していません。

視聴用プレイヤー

各プレーヤーの対応プロトコル

FlashPlayer
Adobe(RTMP/RTMPE/HTTP)
Silverlight3以降
Microsoft(RTSP)
QuickTimePlayer
Apple(RTSP)
iOS
Apple iPhone3GS, 4, 4S/iPad/iPad2/iPod touch (HTTP Live Streaming)
Android
Google(RTSP over UDP)
FlashPlayer(RTMP)OS 2.2~4.0 HTTP Streaming
BrackBerry
RIM(RTSP over TCP Streaming)
OTT
セットボックス※お問い合わせください。

Flash10.1以上(H264/VP6/SorensonSpark)

Windows7
Microsoft Internet Explorer 8.0、Mozilla Firefox 3.0、Google Chrome 2.0以降
WindowsVista
Microsoft Internet Explorer 7.0、Mozilla Firefox 2.0、Google Chrome 2.0、Safari 3.0、Opera 9.5以降
WindowsXP
Microsoft Internet Explorer 7.0、Mozilla Firefox 2.0、Google Chrome 2.0、Safari 3.0、Opera 9.5以降
Mac OS(PowerPC)
Safari 3.0、Mozilla Firefox 2.0、Opera 9.5以降
Mac OS(Intel)
Safari 3.0、Mozilla Firefox 2.0、Opera 9.5以降

Flash9.0.124以上~Flash10.0(H264/VP6/SorensonSpark)

Playstation3(SONY)
専用ブラウザ(Flash10)
WindowsVista
Microsoft Internet Explorer 7、Firefox 1.5、Mozilla 1.x、Netscape 7.x以降
WindowsXP
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Firefox 1.x、Mozilla 1.x、Netscape 7.x以降、CompuServe 7、AOL 9、Opera 7.11以降
Mac OS(PowerPC)
Firefox 1.x、Mozilla 1.x、 Netscape 7.x以降、AOL(Mac OS Xのみ)、Opera 6、Safari 1.x以降
Mac OS(Intel)
Firefox 1.5.0.3以降, Opera 6, Safari 2.x以降

Flash8~Flash9.0.115(VP6/SorensonSpark)

Wii(任天堂)
Opera 6.x Flashlight3.1(Flash8)
WindowsVista
Microsoft Internet Explorer 7、Firefox 1.5、Mozilla 1.x、Netscape 7.x以降
WindowsXP
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Firefox 1.x、Mozilla 1.x、Netscape 7.x以降、CompuServe 7、AOL 9、Opera 7.11以降
※Internet Explorer以外についてはプラグインが必要です。
Mac OS(PowerPC)
Firefox 1.x、Mozilla 1.x、 Netscape 7.x以降、AOL(Mac OS Xのみ)、Opera 6、Safari 1.x以降
Mac OS(Intel)
Firefox 1.5.0.3以降, Opera 6, Safari 2.x以降

Flash6、7(SorensonSpark)

WindowsXP
Microsoft Internet Explorer 6.0、Netscape 7.x、Mozilla 1.x、Firefox 1.0、compuServe 7、AOL 7、AOL 8、Opera 7.11
※Internet Explorer以外については、プラグインが必要です。
Mac OS(PowerPC)
Mac OS 9.x Mac OS 8.6
Microsoft Internet Explorer 5.1、Netscape 4.8、Netscape 7.x、Mozilla 1.x、Opera 6
Mac OS X 10.1.x / Mac OS X 10.2.x /Mac OS X 10.3x /Mac OS X 10.4
Microsoft Internet Explorer 5.2、NetScape 7.x、Mozilla 1.x、Firefox 1.0、Opera 6、Safari 1.0(Mac OS X 10.2.x のみ), Safari 1.1(Mac OS X 10.3.xのみ)
  • ※ Media-Gather®は、株式会社よんでんメディアワークスにおける登録商標です。
  • ※ Flash®Playerは、米国Adobe,Inc.における登録商標です。
  • ※ Wowza®Streaming Engine は、米国Wowza Media Systemsにおける登録商標です。
  • ※ QuickTime®PlayerおよびiPhoneは、米国Appleにおける登録商標です。

取扱ライセンス

当社ではPerpetual Pro Edition(パーペチュアル プロ エディション)ライセンス、Monthly Subscription Pro Edition(マンスリー サブスクリプション プロ エディション)ライセンスを取り扱っています。

Trial Edition(30日間の無料トライアルエディション)Developer Edition(180日間の無料開発者用エディション)については、リンク先のWowza社サイトよりお申込みください。

※ソフトウェア本体は、米国Wowza Media Systems社サイトでダウンロードしてください。

Perpetual Pro Editionライセンス一覧

Wowza Streaming Engine ライセンス名 ライセンス内容
Perpetual Pro ライセンス
- 1 Year Support
同時接続数無制限
1年間メンテナンス&サポート付
無制限Transcoder、nDVR、DRM AddOn付属
インターネット接続必須
Perpetual Pro ライセンス
- 3 Year Support
同時接続数無制限
3年間メンテナンス&サポート付
無制限Transcoder、nDVR、DRM AddOn付属
インターネット接続必須
Perpetual Pro カスタムUSBライセンス
- 1 Year Support (オフライン版)
インターネット接続不要
同時接続数無制限
1年間メンテナンス&サポート付
25ch対応Transcoder、nDVR、DRM AddOn付属
Perpetual Pro カスタムUSBライセンス
- 3 Year Support (オフライン版)
インターネット接続不要
同時接続数無制限
3年間メンテナンス&サポート付
25ch対応Transcoder、nDVR、DRM AddOn付属
Perpetual Pro Pack 既存Perpetual Editionライセンス保有者向けの無制限Transcoder, nDVR, DRM AddOnパック
※既存Perpetual EditionライセンスをWowza Streaming Engine Perpetual Edition(バージョン4.1.1以上)へアップグレードする必要があります。
※旧カスタムUSBライセンスは対応していません。
3年間 メンテナンス&サポート更新ライセンス 各メンテナンス&サポート期間終了に伴う期間延長、または初期購入時からの期間延長分としてご購入いただけます。

1年間または3年間のメンテナンス&サポートについて

購入から1年または3年間、Wowza社によるメールベースでのサポート、および4.x(ドットリリース)への無償バージョンアップを受けることができます。更新ライセンスで延長も可能です。

Monthly Subscription Pro Edition ライセンス

Wowza Streaming Engine ライセンス名 ライセンス内容
Monthly Subscription Pro ライセンス 同時接続数無制限
利用中はメンテナンス&サポート付
無制限Transcoder、nDVR、DRM AddOn付属
インターネット接続必須

ライセンス利用における注意事項

Perpetual ProライセンスとMonthly Subscription Proライセンスの違い

Perpetual Pro Monthly Subscription Pro
ライセンス形態 永久ライセンス 月額ライセンス
販売形態 当社からの直販
再販者契約による再販
当社からの直販のみ
価格料金 売切型 月額利用料型
商用利用 不可 可能
インターネット接続 必須
※カスタムUSBライセンスはインターネット接続不要です。
必須

Perpetual Proライセンスにおける注意事項詳細

  • 仮ライセンスコードを販売させて頂きます。仮ライセンスコードは、エンドユーザーにて、ライセンスキーに1回だけ交換ができます。
  • このライセンスキーにより、WowzaStreamingEngineのサービスが動作します。
  • 一度発行された仮ライセンスコードは、再発行および返品ができません。
  • 仮ライセンスコードをライセンスキーに交換できるのは、エンドユーザー(名義人)のみです。エンドユーザー(名義人)以外に仮ライセンスコードからライセンスキーに交換することはできません。
  • ライセンスキーの発行の手前でエンドユーザー登録が必要になります。(ユーザー名、団体名、住所、電子メールの登録が必要です。)
  • 一度交換されたライセンスキーを転売または譲渡は、エンドユーザーライセンス規約(End User License Agreement(EULA) )により、禁止されています。
  • Wowzaエンドユーザーライセンス規約(EULA)を順守の上、ご使用ください。
  • WowzaStreamingEngineを再販される場合は、お問い合わせください。
  • 本ソフトウェアは、ライセンスキーを設定後、インターネット上のライセンス管理サーバと定期的な通信を行うため、インターネットに接続できる環境でご利用いただく必要があります。サービス起動時に認証できない場合は、正常な動作をいたしませんのでご注意ください。
  • イントラネットなど、インターネットに常時接続できない環境でご利用いただく場合は、プロキシーサーバなどにより何らかの形でWowza Streaming Engine サーバがインターネットにアクセスできる環境が必要です。事前にネットワーク管理者の方とご調整ください。セキュリティ上難しい場合はオンライン版としてUSBドングルで認証するカスタムUSBライセンスがご利用いただけます。
  • 1サーバーにつき、1ライセンス必要になります。エッジサーバ、ロードバランスなど複数台でシステムを構築される場合など、物理・仮想を問わず、複数台のサーバーで複数のWowza Streaming Engineを稼働させる場合は、台数分のライセンスが必要です。
  • ライセンス名義人(ライセンス購入者)が所有するドメイン(サブドメイン含む)のウェブサイト、プレーヤー、携帯アプリケーション上で動画を表示するためにWowza Streaming Engineを利用する場合にのみ使用可能です。
  • Perpetual Pro Editionをシステムに組み込んで販売する等、ライセンスの再販を行う場合は再販者契約を当社と締結する必要があります。ライセンス再販をご希望の場合はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
  • Perpetual Pro Editionは以下の商業用途での利用ができません。商業用途でご利用される場合はMonthly Subscription Pro Editionのご契約(月額利用)が必要です。    
    • 1つのドメイン以外に他の異なるドメインへ配信を代行するような、ホスティングサービス(CDN事業)
    • ストリーミング、動画、映像・音声配信サービス(課金によるコンテンツ配信代行含む)
    • サーバエリアとその機能の再販、専用サーバサービスなどの、商用ホスティング行為を行う事業者様
    • インターネットサービスプロバイダー様
      ※ただし、商用目的ではない自社利用の場合は当ライセンスの利用は可能です。
    • 複数企業、団体様での共同利用 等

Monthly Subscription Proライセンス利用における注意事項詳細

  • 1つのライセンスキーで複数台のWowza Streaming Engineサーバーを利用いただけます。※月額利用料金は利用インスタンス数に応じて決定されます。
  • 本ソフトウェアは、ライセンスキーを設定後、インターネット上のライセンス管理サーバと定期的な通信を行うため、インターネットに接続できる環境でご利用いただく必要があります。サービス起動時に認証できない場合は、正常な動作をいたしませんのでご注意ください。
  • Monthly Subscription Pro Editionのライセンスは直販のみとなります(Wowza社から購入された場合も同様です)。

システム構築

インテグレーションサービス作業内容| 標準プレーヤー「HTML5対応」

お客さま持ち込みのサーバーハードウェア製品にWowza Streaming Engine Perpetual Pro Edition をインストールし、ライブおよびVOD配信ができるように構築します。サーバー機器については、メーカーサポートに準じていただきます。※Wowza Streaming Engine Monthly Subscription Pro Edition(マンスリーエディション)は非対応です。

インテグレーションサービス作業内容

当社にインテグレーション作業をご依頼頂くことで、最新のWowza技術を直ぐにご活用頂くことができる標準プレーヤー「HTML5対応」やマルチデバイス配信に対応したブラウザ版ライブエンコーダーなどの各種ツールをご利用頂くことが可能です。 これらインテグレーション作業に加え、組み込み製品についても、販売しています。詳しくは、こちらの資料をご覧ください。
また、AXIS製IPカメラなど他社製ライブエンコーダについても製品販売含めて設定作業を承ります。お気軽にご相談ください。

標準プレーヤー「HTML5対応」

  • 1.ノーマル(Normal)プレーヤー(RTMP)

    ノーマルプレーヤー
  • 2.インナー(Inner)タイプ(RTMP)

    インナータイプ
  • 3.OSMFプレーヤー(HDS)

    OSMFプレーヤー
  • 4.HTML5プレーヤー(MPEG-DASH)

    HTML5プレーヤー

標準プレーヤーについては、上記のような各種配信形式に対応したPC向けFlashPlayerに加え、プラグインを利用しないHTML5対応のプレーヤー(JavaScript付)もバンドルされています。

おすすめポイント

  • 1行の動画(埋め込み)タグでマルチデバイス配信が可能です。
  • PC向けは、ノーマル、インナープレーヤー、OSMFプレーヤーおよびHTML5(MPEG-DASH/HLS)プレーヤーのご利用が可能です。
    ※Windows10 Edge、Mac Safariブラウザは、HLS再生に対応。
    ※Chrome、Firefox、Opera、Windows8.1以上のIE11は、MPEG-DASHに対応。
    ※HTML5に対応していないブラウザは、OSMFプレーヤー(Flash HDS)で再生。
  • Androidは、全OSで標準搭載のプレーヤーで視聴できます。
    ※Autoモードにて、RTSP、FLASHまたはHTML5(MPEG-DASH/HLS)を自動判定します。RTSP形式を指定することで、標準搭載プレーヤーで一元的に再生することも可能です。
  • iPhone/iPadは、標準搭載プレーヤーで視聴できます。
    ※iOSの場合、ライブ放送(映像、音声)の遅れが30秒~40秒程度発生します。RTSP形式を指定することで、VLCまたはGoodPlayerアプリを利用した低遅延配信が可能です。
  • HTML5プレーヤーは、倍速再生(音声含む)対応。
    ※HTML5プレーヤー対応のブラウザ、端末では、倍速再生が可能です。iOS,Android(一部)対応。

MPEG-DASHにおける倍速再生イメージ

MPEG-DASHにおける倍速再生イメージ
  • x0.5、x1、x1.2、x1.4、x1.7、x2倍速の選択が可能です。

ご購入

ライセンス発行までの流れ

お見積り
「ライセンス名」「個数」「ご利用者(※1)」 「ご利用用途(※2)」をご記入の上、「お問い合わせフォーム」よりお見積りをご依頼ください。

※1 Wowza Streaming Engineをご利用される方(会社)
※2 ご利用用途を具体的にお知らせください。ライセンスによりご利用用途に制限がありますので、ご利用用途をヒアリングの上、お客さまに最適なライセンスをご提案します。
内容確認
お見積り内容を確認させていただいた後、正式に御見積書・注文書を送付いたします。
ご注文
お送りした注文書にてご注文ください。
ご請求
ご請求書を送付いたします。
ライセンス発行
ご入金確認後、仮ライセンスコードを発行いたします。入金確認日から5~10営業日となります。

※仮ライセンスコードをWowza社のライセンス交換ページで登録した後、本ライセンスキーが発行されます。

ライセンス購入に関する注意事項

  • エンドユーザーライセンス規約(End User License Agreement(EULA) )を承諾の上、本ソフトウェアをご購入、ご利用ください。
  • 購入後ライセンス登録時に、本ソフトウェアを利用されるお客さま名(エンドユーザ名)(個人氏名、法人団体名を英語表記でご連絡ください。)、連絡先メールアドレス、住所、連絡先電話番号(携帯除く)が必要です。これら個人情報は、厳格に保管、管理させていただきますので、ご安心ください。
  • 納品物として、仮ライセンスコードをお送り致します。この仮ライセンスコードは、正式ライセンスキーと引換することができます。仮ライセンスコードから、正規ライセンスキーを取得する方法については、購入時にご案内いたします。
  • アカデミック版の価格はありません。

Wowza Streaming Engineの再販について

継続的にWowza Streaming Engineの再販をご希望される場合は、再販者契約により再販が可能となります。Wowza Streming Engineソフトウェアの再販にあたってはライセンスキーの管理、販売を行っていただく必要があります。掛け売り、購入手続きの簡素化、仕切り価格でのご提供が可能です。審査、契約までにお時間要しますので、予めご配慮いただきますようお願い申し上げます。詳しくは、お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:087-818-1071

受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
ページトップへ戻る