1. ホーム/
  2. 動画配信/
  3. Media360 映像配信サーバー販売(Wowzaアプライアンス製品)

Media360 映像配信サーバー販売

Media360

小型サーバーで商⽤品質のライブ配信を実現するソリューション

通常、ネットワークカメラは、本体負荷やライセンス数の制約により、接続できるユーザー数が限られます。Media360 を導入すれば、ネットワークカメラのライブ映像を、汎用的な端末で多数のユーザーが視聴できるようになります。また、360度パノラマカメラや各種エンコーダーに対応したプレーヤー・配信支援ツールを搭載しており、様々なライブ映像を一元的に配信可能です。
4K UHDなどの高画質VOD配信としてPCに加え、国内テレビ向けハイブリットキャストへの映像配信サーバーとしても活用いただけます。ご購入いただくだけで、難しいWowzaサーバーの構築、調整作業は不要で、直ぐにご活用いただけます。

  • TOP
  • お知らせ
  • 概要
  • 利用シーン
  • 周辺機器
  • 製品仕様
  • ソフトウェア
  • 購入

販売製品

Media360 FA-PRO(ファンレスタイプ)

Media360 FA-PRO(ファンレスタイプ)

ファンレスタイプ
動作環境(温度)が幅広く、工場などに設置可能です。PoE 給電に対応します。
※ハードウェア3年保証付き
※Wowza Streaming Engineソフトウェアライセンスと合わせてご提供となります。

Media360 OA-PRO(スリムタイプ)

Media360 OA-PRO(スリムタイプ)

スリムサーバータイプ
設置形態が柔軟です。ストレージ拡張ボックスを追加できます。
※ハードウェア3年保証付き
※Wowza Streaming Engineソフトウェアライセンスと合わせてご提供となります。


Media360 OA-Enterprise(特型)

Media360 OA-PRO(スリムタイプ)

1U~長期保証サーバータイプ
※オンサイト ハードウェア5年保証対応。
※Wowza Streaming Engineソフトウェアライセンスと合わせてご提供となります。
※個別設計のWowzaインテグレーション製品です。詳しくは、お問合せください。


活用用途

地⽅議会向け庁舎内映像配信、教育セミナー、eラーニング、社内放送、産業(製造、建設業、物流)、医療分野、防災、防犯などの分野における現場映像のモニタリングを⽬的とした複数関係者向へのストリーミング配信。
WindowsMedia、FlashMediaストリーミングサーバーの代替。または、ハイブリットキャストによる4K UHDコンテンツ配信として

特長

1.多彩なカメラ、映像入力に対応

  • 一般的なフルHD から4K/8K 等の高画質映像、音声に加え、360 度パノラマカメラ等による全方位パノラマ映像に対応。
  • ネットワークカメラをMedia360 にネットワーク経由で接続、映像、音声を映像配信サーバーで中継して分散配信できます。カメラ本体の過負荷や帯域占有の⼼配がありません。
  • その他民生用ビデオカメラやライブエンコーダー等も接続できますので、更に導入コストを抑えることも可能です。

2.小型で手軽、商用品質のサーバー

  • 小型サイズで設置場所をとりません(H75mm × W265mm × D133mm)。
  • PoE 給電ポートを搭載しているため、ネットワークカメラにLANケーブル1本で直接給電できます。
  • アルミハウジングで耐久性・放熱性に優れています。
  • オリジン・エッジ構成など、複数台を組み合わせることで、ネットワーク負荷分散も可能。

(注)上記仕様はファンレスFA-PROのものです。選択した製品によりサイズ・仕様は異なります。

3.マルチデバイス配信、HTML5ストリーミング対応

  • PC・スマートフォン・タブレットへ一元的に配信できます。
  • HTML5 ストリーミングに対応しており、プラグインなしの配信を実現します。

4.録画・再放送や外部サービス連携にも対応

  • ライブ映像をサーバー内に録画し、後でオンデマンド配信することもできます。
  • 外部ビデオプラットフォーム(弊社 Media-Gather 等)によるクラウドの利用やCDN 連携等による大規模配信に対応。

5.360度パノラマ動画コンテンツの映像配信サーバーとして

  • 360度パノラマライブ、VODがブラウザだで視聴できできます。(VRムービー対応)
360°パノラマVRプレーヤー Sample

お知らせ

お知らせ

2018年1月15日
Media360シリーズ販売サイトを公開しました

概要

多彩なカメラ入力

ネットワークカメラや汎用カメラなど、多彩な入力に対応しています。

多彩なカメラ入力
ネットワークカメラの場合
監視カメラならではの高信頼性で連続稼動に対応しています。PoE対応ならサーバーから給電可能です。
  • ネットワークカメラからストリームを1本送信するだけです。
  • カメラ本体の負荷を最小限に抑えることが可能です。
  • PoE 対応カメラの場合、PoEインジェクタや電源工事が不要です。(LANケーブル1本で給電ができるため)
汎用カメラ
360度カメラなどに対応、費用も低減。
  • 360度パノラマカメラ、スマートフォンカメラからのフィードに対応しています。
  • 各種エンコーダー経由でのライブフィードも可能です。
  • 従来型のPCエンコーダーも利用可能です。
カメラ入力について
  • 2Mbps 以上の高画質ライブもできます
  • プッシュ・プルどちらのフィードタイプもご利用いただけます。

小型で商用品質の配信を実現するサーバー

1.コンパクトで設置場所を選ばない、耐久性に優れた筐体
コンパクトで設置場所を選ばない、耐久性に優れた筐体
  • 小型サイズで設置場所をとりません。(H75mm × W265mm × D133mm)
  • PoE 給電ポートを搭載しているため、ネットワークカメラにLANケーブル1本で直接給電できます。
  • アルミハウジングのファンレス仕様で耐久性・放熱性に優れています。(動作温度-20℃~60℃)
<主要スペック>
【プロセッサ】
・ Core i5-4300U 1.90GHz 2Core
【メモリ】
・ DDR3 8GB
【入出力ポート】
・ Ethernetポート×2
・ Ethernetポート×4(PoE対応)
・ USB2.0×2, USB3.0×2
・ VGA×1
・ HDMI×1
【ストレージ】
・ 2.5インチ 64GB SATA SSD
【電源】
・9~36V DC入力
【OS】
・ Linux、Windows対応
2.DashBoard(配信用ツール)搭載
DashBoard(配信用ツール)搭載
  • 配信やサーバー管理の支援ツールをご提供します。
  • 日本語で分かりやすいインターフェースとなっております。
  • モプレーヤーの埋め込みタグも簡単に 書き出すことができます。
3.各種配信用プレーヤー対応(マルチデバイス対応)
各種配信用プレーヤー対応(マルチデバイス対応)
DashBoard と連携して用途に応じた各種配信プレーヤーをご利用いただけます。
4.Wowzaインテグレーション製品
Wowzaインテグレーション製品
  • Wowzaがすでにインストールされているため、すぐにストリーミングが始められます。ライセンスキーを設定するだけです。
  • Wowzaのすべての機能をご利用いただけます。

マルチデバイス対応ストリーミング配信

マルチデバイス対応ストリーミング配信
PCにはプラグインなしのHTML5ストリーミング配信
  • MPEG-DASH,HLS形式でのライブ配信ができるため、Flash Player等のプラグインなしで視聴可能です。
  • Windows7, Internet Explorer 11 の環境ではTHEOPlayerを利用することでHTML5ストリーミングができます。
  • インターネット公開に伴い、配信の暗号化が必要な場合(HTTPSサイト上からHTML5ストリーミングする場合)は、Wowza社標準で提供されている暗号化配信用証明書サービスをご利用ください。なお、お客さま独自ドメインにて、暗号化配信をしたい場合は、コンサルおよび導入支援が可能です。詳しくは、お問合せください。
スマートフォン・タブレット等へ専用アプリなしでストリーミング配信が可能です
  • iOS, Android のスマートフォン・タブレットでは、端末標準のプレーヤーにて視聴できます。
  • また、LG SmartTVやSony BRAVIA/AndroidTVもアプリなしで、ストリーミング配信ができます。
パノラマカメラからの全天球ライブ配信に対応
360度パノラマカメラ+VRプレーヤーで全天球ライブも
  • 魚眼タイプのネットワークカメラからの全天球映像もプレーヤーで補正して、パノラマ映像のように視聴できるようになります。カメラのアングルは、マウスなどで自由に変更できます。
大規模ライブ配信の場合は、ビデオクラウドサービスでサポート!
Media-Gather経由で大規模配信が可能です
  • Media360サーバーで受信したライブソースを、更にMedia-Gather(ビデオクラウド)へ送信することで、インターネット向けの大規模ライブ配信(同時アクセス数千人規模)をサポートいたします。

活用シーン

ストリーミングサーバーの2020年問題を解決します

Windows Media Server 2020年問題について
マイクロソフト社OS Windows Server 2008でサポートされていたWindows Media Serverが2020年1月14日にOSサポート終了と合わせて、ご利用頂くことができなくなります。Windows Media Serverは、Windowsパソコンに標準で搭載されているMediaプレーヤーを利用してコンテンツ視聴するこができるストリーミングサーバーソフトウェアで、WindowsServer2008までのOS上で利用が可能でした。一方、新OSから後継となるIIS7(Webサーバー)でサポートされていたいSmooth Streamingサーバーにおいては、視聴で利用するSilverlight(5.0)プレーヤーが2021年10月21日にサポートが終了します。現在、動作するブラウザがWindows IE11等であり、Flashプレーヤー同様に利用が難しくなってきています。MS社も非推奨としています。
Adobe Media Server 2018年6月にアップデート(サポート)終了 2020年FlashPlayer提供停止
Adobe社が提供するストリーミングサーバのAdobe Media Serverにおいて、2018年6月にアップデート(サポート)終了が予定されています。また、視聴の際の利用するFlashプレーヤーも2020年末に配布が停止される予定です。現在、Windows7 IE11以外の主要ブラウザにおいて、Flashプレーヤーの利用がデフォルトで制限されている状況です。
Windows7 2020年のサポート終了でHTML5ストリーミングが一気に加速!
マイクロソフト社OS Windows7 のサポート終了は、WindowsServer2008と同じ2020年1月14日です。 唯一、HTML5ストリーミングに対応していなくSilverlightプレーヤー、Flashプレーヤーでストリーミング配信に対応していたブラウザのIE11もOSサポート終了と同時に終息となります。現在では、これらプラグインを利用しないHTML5(MPEG-DASH/HLS)ベースのストリーミング配信が主流となってきています。
Media360でストリーミングサーバーの2020年問題を解決します

IoTシステムとの情報連係として、映像配信サーバーを利用

IoTシステムとの情報連係として、映像配信サーバーを利用
IoTシステムとの情報連係として、映像配信サーバーを利用
通常、ネットワークカメラは、本体負荷やライセンス数の制約により、接続できるユーザー数が限られ、視聴には専用のアプリが必要でした。また、他のシステムとの連携や多数のユーザーが視聴することはできなく、用途が限られていました。 Media360 を導入すれば、色々なメーカーのネットワークカメラであってもライブ映像を一元的にPC、スマートフォンなどの汎用的な端末で多数のユーザーが視聴できるようになります。 例えば、外部IoTシステムと組み合わせ、センサー情報と合わせて映像をマルチデバイスやサイネージなどに中継することができます。

360°パノラマ動画配信サーバーとしてモニタリングに活用

360°パノラマ動画配信サーバーとしてモニタリングに活用
360°パノラマ動画配信サーバーとしてモニタリングに活用
Media360 を導入すれば、360°ネットワークカメラや360度パノラマカメラや各種エンコーダーからライブ映像を、汎用的な端末で多数のユーザーが視聴できるようになります。場の臨場感を共有できる映像配信システム(オンプレミス)としてご利用いただけます。 下図のように「分割表示」ボタンにより、通常表示モードから4分割や2分割とカメラアングルを変えた映像を分割して表示することができますので、全方位の現場映像をひと目で確認するなど、効率的なモニタリングが可能となります。 360°パノラマ映像を4分割、2分割表示にて全方位モニタリングがパノラマカメラ1台で実現できます

管内映像配信用サーバーとしてサーバ負荷分散により高画質配信対応

管内映像配信用サーバーとしてサーバ負荷分散により高画質配信対応
管内映像配信用サーバーとしてサーバ負荷分散により高画質配信対応
例えば、工場、屋外からの各種映像ソースを本社のオリジンサーバに送信、各事業所または現地拠点にあるエッジサーバを介して、高画質の映像(FullHDなど)を複数の端末にリアルタイムにライブ配信することが可能になります。事業所間の通信回線(VPN)を強化する必要もありません。また、VODファイルについてもオリジンサーバで一元的に管理、エッジサーバ経由で各事業所にストリーミング配信することも可能です。

周辺機器との組み合わせで更に高いパフォーマンスを発揮します

AXISネットワークカメラ|タイプが豊富で充実機能のカメラ

24時間連続で、安定した映像・音声をライブ配信することが可能
設置環境に応じてカメラ、レンズ、オーディオユニット付などをご選択ください。カメラへのネットワークと電源供給については、映像配信サーバ内のHUBユニットから共有できます。LANケーブルでカメラと映像配信サーバーと接続するだけです。 特にV57は、バランス入力(XLR)やマイク入力に対応しており、既設オーディオミキサーのライン出力を減衰することなくカメラまで延長することができます。CD品質の音声ストリーミング配信ができますので、会議、セミナーなどの中継に最適です。
タイプが豊富で充実機能のカメラ

AXISネットワークカメラ-構成例

カメラアングル操作が不要なパノラマ映像を、音声付きでライブ配信

AXIS パノラマ映像を、音声付きでライブ配信

ネットワークカメラのパノラマ映像(Video)とオーディオエンコーダーの音声入力を一つにして、ライブ配信を行うことができます。カメラおよびオーディオエンコーダーの電源についても映像配信サーバーからLAN経由で給電できますので、電源工事も不要で施工が簡単です。
※なお、このネットワークカメラ内にセットアップするアプリがインターネットに接続できる環境でないと利用できませんので、ご注意ください。

MOBOTIXネットワークカメラ|低消費電力で安定性抜群のカメラ

24時間連続で、安定した映像・音声をライブ配信することが可能
設置環境に応じてカメラ、レンズ、オーディオユニット付などをご選択ください。カメラへのネットワークと電源供給については、映像配信サーバ内のHUBユニットから共有できます。LANケーブルでカメラと映像配信サーバと接続するだけです。
MOBOTIX 低消費電力で安定性抜群のカメラ

MOBOTIXネットワークカメラ-構成例

外部音声入力と組み合わせることて高音質のライブが可能

MOBOTIX パノラマ映像を、音声付きでライブ配信

D26カメラ本体と外部I/Oユニット(音声対応)をUSBケーブルで接続します。I/Oユニットは、LINE INの音声入力に対応しており、イベント会場のミキサーアンプなどに接続できます。 (サンプリング周波数 16bit 8KHz PCM)

パノラマライブ配信の特長・用途

特長
  1. 高品質のパノラマ映像に加え、音声も高音質で配信ができます。特にオーディオエンコーダを組み合わせて、業務用入力音源も扱えますので、監視目的以外の利用が可能となりました。
  2. 市販のネットワークカメラを使うことで、PCを利用しなくても、コンパクトで信頼の高い機器構成になりました。
  3. パノラマカメラ映像を使いますので、カメラマンによるパン、チルト、ズームなどの操作が不要です。また、視聴者側に特別なソフトウェアを導入する必要はありません。
  4. 同じネットワーク内であれば、IPカメラに直接アクセスしてリアルタイムにモニタリングやライブ配信を制御できます。
  5. 可搬性にも優れており、三脚などに設置することで、部屋や会場内のどこにでも設置することができます。
  6. パソコン,スマホ(Android端末)のブラウザからパノラマ動画を視聴することができます。専用アプリが不要です。
  7. Android端末の場合、ジャイロセンサーと連動しており、カメラの視点を変えることができます。パソコンで視聴する場合は、画面上でマウスでドラッグまたはホイールすることで、視点を変えることができます。
  8. VR動画にも対応しており、2Dから3D表示へ切り替えることができます。スマートフォンを装着できるVRグラス、ゴーグルを利用して 簡単にVR動画をご覧頂くことが可能です。(360パノラマライブ配信機材の利用を推奨)
用途
  1. お天気カメラ、防災用カメラなどの定点カメラを関係者や一般の方にパノラマ動画で公開。
  2. 議会の模様をパノラマ動画で公開。
  3. ライブセミナー、授業配信などのパノラマ中継、ライブ録画による再送信(VOD)も可能です。
  4. 複数ある工場のラインをパノラマ映像で管理。遠隔による複数個所でのモニタリングが可能です。
  5. フランチャイズ店舗など、お客さまの流れスタッフの動きを本部や支部、外出先で管理。

360/180度 魚眼ネットワークカメラ

24時間連続で、安定した360/180度パノラマ映像・音声をライブ配信することが可能
屋外仕様では、お天気カメラなどの放送または録画用として、導入する場合に最適です。ネットワークカメラについては、同時に複数台を接続することもできます。
24時間連続で、安定した360/180度パノラマ映像・音声をライブ配信することが可能

パノラマライブ配信視聴イメージ

360/180度 パノラマライブ配信視聴イメージ
下図イメージは、天吊、壁付けのイメージです。マウスを左右上下にドラッグすることで、カメラアングルを移動できます。また、マウスホイールで拡大、縮小も可能です。
360/180度 魚眼ネットワークカメラ表示イメージ

360度パノラマライブ配信機材

360度パノラマライブ配信機材を利用して、現場の風景を全方位でライブ配信
ライブ配信用機材として、360度パノラマカメラ(RICOH R Development Kit)を含むライブに必要な周辺機材を販売しています。ネットワークカメラを利用する場合は、180度の魚眼タイプでしたが、この製品は、360度全方位映像に対応しています。特長として、可搬が可能で、VR映像にも対応しています。機材の詳細については、こちらへ
360度パノラマライブ配信機材からのライブ配信イメージ

360度パノラマVRプレーヤーについて

マウス操作で全方位モニタリングが可能
パノラマ形式でライブ配信される映像は、PCやスマートフォンのブラウザにて、再生とカメラアングルの操作ができます。パソコンの場合、マウス操作にて、カメラアングルを上、下、右、左、拡大/縮小(ホイール操作)が可能です。 スマートフォンの場合は、ジャイロセンサー機能により、端末の角度を変えることで、カメラアングルを移動できます。 360度パノラマVRプレーヤーの操作方法
「全画面制御」ボタンで画面を拡大し、「3D」ボタンをタッチすることで、VRムービーを体験することができます。また、「分割表示」ボタンにより、通常表示モードから4分割や2分割とカメラアングルを変えた映像を分割して表示することができますので、全方位の現場映像をひと目で確認するなど、効率的なモニタリングが可能となります。 360度パノラマVRプレーヤーにおける4分割、2分割表示例

製品仕様

Media360 FA-PRO(ファンレスタイプ)仕様

Media360 FA-PRO(ファンレスタイプ)

プロセッサ
Core i5-4300U 1.90GHz 2Core
メモリ
8GB
ストレージ
2.5インチ 64GB SATA SSD
入出力ポート
  • ・Ethernetポート×2
  • ・Ethernetポート×4(PoE対応)ネットワークカメラ接続可能です。
  • ・USB2.0×2, USB3.0×2
  • ・VGA×1
  • ・HDMI×1
OS
標準 Linux(CentOS7)又はWindowsServer(オプション)
ストリーミングプロトコル
HDS,HLS,MPEG-DASH,MSS,RTMP(暗号化含む),RTSP/RTP
主なアプリケーション
  • ・WowzaStreamingEngine(Wowzaプレーヤー含む)
  • ・STREAMING Dashboard(当社製)
    標準プレーヤー(HTML5対応)、360度パノラマVRプレーヤー
再生プレーヤー(埋め込みタグ)
  • ・当社製標準プレーヤーおよび360度パノラマVRプレーヤー
     ※クローズドネットワーク対応
     ※当社ソフトウェア年間保守サポートの加入が必要です。
  • ・Wowzaプレーヤー(クローズドネットワーク非対応)
  • ・THEOPlayer「HTML5対応プレーヤー」(オプション)
設置方法
横置又は壁掛け
大きさ
265 x 133 x 75 mm
重量
3.4kg
電源
35W ACアダプター(9~36V DC入力対応)
保証・サポート
  • ・3 年間パーツ保証
  • ・センドバック修理
  • ・初年度当社ソフトウェア年間保守サポート付
動作条件
温度:-20~ 60°C 湿度:5~ 95%
オプション
  • ・モニター/キーボード/マウス/外付けドライブ
  • ・UPS(無停電電源装置)
  • ・現地調整、インターネット公開支援(SSL暗号化配信対応等)
  • ・導入支援(説明会など)
  • ・当社ソフトウェア年間保守サポート(2年目以降)
推奨ネットワークカメラ
又はライブエンコーダー

Media360 OA-PRO(スリムタイプ)仕様

Media360 OA-PRO(スリムタイプ)
プロセッサ
Xeon D-1518 2.20GHz 4Core
メモリ
8GB(最大64GB)
ストレージ
3.5インチ 2TB SATA HDD 1TB x 2 (最大8TB)
入出力ポート
  • ・Ethernetポート(1Gb/s)×2
  • ・USB2.0×1, USB3.0×3
  • ・VGA×1
OS
標準 Linux(CentOS7)又はWindowsServer(オプション)
ストリーミングプロトコル
HDS,HLS,MPEG-DASH,MSS,RTMP(暗号化含む),RTSP/RTP
主なアプリケーション
  • ・WowzaStreamingEngine(Wowzaプレーヤー含む)
  • ・STREAMING Dashboard(当社製)
    標準プレーヤー(HTML5対応)、360度パノラマVRプレーヤー
再生プレーヤー(埋め込みタグ)
  • ・当社製標準プレーヤーおよび360度パノラマVRプレーヤー
     ※クローズドネットワーク対応
     ※当社ソフトウェア年間保守サポートの加入が必要です。
  • ・Wowzaプレーヤー(クローズドネットワーク非対応)
  • ・THEOPlayer「HTML5対応プレーヤー」(オプション)
設置方法
横置(オプションで縦置きや壁掛けに対応)
大きさ
254×254×48.5 mm
重量
3.0kg
電源
120W AC アダプター(入力電流:最大 2A対応)
保証・サポート
  • ・3年間パーツ保証
  • ・3年間翌営業日オンサイトサービス
    (月曜日~金曜日 9:00-17:00、祝祭日および年末年始を除く)
  • ・初年度当社ソフトウェア年間保守サポート付
動作条件
温度:10 ~ 35 °C 湿度:10 ~ 90 %
オプション
  • ・モニター/キーボード/マウス/外付けドライブ
  • ・UPS(無停電電源装置)
  • ・現地調整、インターネット公開支援(SSL暗号化配信対応等)
  • ・導入支援(説明会など)
  • ・当社ソフトウェア年間保守サポート(2年目以降)
推奨ネットワークカメラ
又はライブエンコーダー

Media360 OA-Enterprise(特型)仕様

Media360 OA-Enterprise(特型)

以下の仕様は、標準的な仕様です。配信規模にあわせて設計いたします。

プロセッサ
Xeon 3.70GHz 4CHT
メモリ
8GB
ストレージ
2.5インチ 1TB 7200rpm SAS HDD x3個 RAID5 実容量2TB
入出力ポート
  • ・Ethernetポート(1Gb/s)×2
  • ・USB2.0×2, USB3.0×3
  • ・VGA×1
  • ・DVD光学ドライブ×1
OS
標準 Windows server 2016 Standard 5CAL付
ストリーミングプロトコル
HDS,HLS,MPEG-DASH,MSS,RTMP(暗号化含む),RTSP/RTP
主なアプリケーション
  • ・WowzaStreamingEngine(Wowzaプレーヤー含む)
  • ・STREAMING Dashboard(当社製)
    標準プレーヤー(HTML5対応)、360度パノラマVRプレーヤー
再生プレーヤー(埋め込みタグ)
  • ・当社製標準プレーヤーおよび360度パノラマVRプレーヤー
     ※クローズドネットワーク対応
     ※当社ソフトウェア年間保守サポートの加入が必要です。
  • ・Wowzaプレーヤー(クローズドネットワーク非対応)
  • ・THEOPlayer「HTML5対応プレーヤー」(オプション)
設置方法
ラックマウント(1Uラックマウント型)
大きさ
434×424×44 mm
重量
約8.7kg
電源
ホットプラグ対応900Wパワーサプライ(80PLUS Goldモデル) 約157W
保証・サポート
  • ・5年間パーツ保証
  • ・4時間対応または翌営業日 オンサイトサービス対応
    (月曜日~金曜日 9:00-17:00、祝祭日および年末年始を除く)
  • ・初年度当社ソフトウェア年間保守サポート付
動作条件
温度:10 ~ 35 °C 湿度:10 ~ 90 %
オプション
  • ・モニター/キーボード/マウス
  • ・UPS(無停電電源装置)
  • ・現地調整、インターネット公開支援(SSL暗号化配信対応等)
  • ・導入支援(説明会など)
  • ・当社ソフトウェア年間保守サポート(2年目以降)
推奨ネットワークカメラ
又はライブエンコーダー
  • ※ WowzaStreamingEngineは、米国WowzaMediaSystems,Inc.における登録商標です。
  • ※ iPhone/iPad/iPod touchは、米国Apple,Inc.における登録商用です。
  • ※ Flashは、米国Adobe,Inc.における登録商標です。
  • ※ Androidは、米国Google,Incが無償で配布しているスマートフォン向けOSです。
  • ※ WindowsMediaは、米国Microsoft Corporationにおける登録商標です。
  • ※ Media-Gatherは、株式会社よんでんメディアワークスの登録商標です。

ソフトウェア保守サポートについて

年間保守サポートおよびスポット保守サポートがあります。

YMW年間ソフトウェア保守サポート
  • ・電話(平日9時~17時00分まで)および 電子メール(24時間受付)によるWowza Streaming Engine の運用、保守に関するお問い合わせに対応。
  • ・初年度については、上記サポートが含まれています。
  • ・2名登録制。問合せ数制限なし。ただし、SDK 開発サポートおよびお客さまで開発されたサーバサイドプログラムに関する技術サポートは対応できません。
  • ・Wowza Streaming Engine Pro Perpetual Edition(買取版)が導入された製品が対象となります。ただしWowzaメンテナンス&サポートが有効である必要があります。
  • ・故障時、ハードウェアおよびソフトウェアの切り分けを電話またはメールにて行います。ハードウェア故障となった場合、お客さまにてハードウェアメーカーとの間で、電話により、一次診断をお願いいたします。
  • ・故障部品(パーツ)交換によるメーカー作業員の現地入局および作業時間の調整、現地作業立会いについては、お客さまでご対応をお願いいたします。
  • ・OS含めシステムが起動できない場合、センドバック修理によるシステムの再構築が必要になります。これら復旧支援については、本サポートにて行います。
  • ・なお、センドバック修理の場合、弊社まで機器をご返送ください。返送に伴う梱包および送料については、お客さま元払いでお願いいたします。
  • ・2年目以降、STREAMING Dash Boardツール(YMWプレーヤー対応版および360度パノラマVRプレーヤー含む)をご利用される場合は、YMW年間ソフトウェア保守サポートの加入が必要となります。本ツールを利用をしない場合は、加入は任意です。
スポット保守サポート
  • ・2年目以降のサポートで、当社ソフトウェア年間保守サポート未加入に対する方へのソフトウェアの保守サポートです。
  • ・Wowzaの日常の運用・保守に関する技術的なお問い合わせについてサポートさせて頂きます。
  • ・電話(平日9時~17時00分まで)および電子メール(24時間受付)対応。
  • ・1インシデントに関する回答数=5回まで。1インシデント有効期間=10営業日以内。
    Wowza Streaming Engine Pro Perpetual Edition(買取版)が対象です。ただし、Wowzaメンテナンス&サポートが有効である必要があります。
    ※ご相談の内容により、料金がからない場合もありますので、個別にご相談ください。
  • ・ソフトウェアのシステム復旧が必要な場合は、センドバック修理となります。作業費については、別途お見積にて対応となります。

その他(補足事項)

カメラ等入力機器について
  • ・機器の保証についてはそれぞれのメーカー保証規定に準じます。
  • ・本資料に掲載されている機器については Wowzaとの動作検証を行い、安定動作を確認しておりますが、OSバージョン・ネットワーク環境、視聴端末の環境等により、予期せぬ問題が発生する場合があります。
サーバーハードウェアについて
  • ・本製品は受注生産のため、納期は約1カ月です。
  • ・Wowza Streaming Engine、DashBoard ツールが付属します。
  • ・ライブ映像の録画制御など、Wowza REST API もご利用いただけます。
  • ・ハードウェアの保証期間は3年です。保証規定についてはハードウェアメーカーが定める内容に準じます。
  • ・FA-PROは、故障時センドバック修理となります。故障時の送料は、お客さま負担となります。
  • ・OA-PROは、故障時翌営業日オンサイト修理となります。メーカーによる現地修理が可能です。ただし、システム再インストールなどの復旧が伴う場合は、センドバック修理となります。送料は、お客さま負担となります。
  • ・FA-PROおよびOA-PROの障害時部位の切り分けについては、障害時連絡先へ電話してください。故障診断に伴う診断コマンドの入力または機器のランプ状態の確認については、お客さまにて、一次的な対応をお願いしています。
Wowza ソフトウェアライセンスについて
  • ・Media360 は Wowza Streaming Engine Perpetual Edition(買取版)を採用しておりますが、用途によってはライセンス規約にしたがい、月額制のMonthly Subscription Edition となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
  • ・Wowza Streaming Engine、DashBoard ツールが付属します。
  • ・Wowza ライセンスは稼働中にオンライン認証を行うため、インターネット接続が必要です。オフライン環境でご利用の場合は オフライン専用ライセンスが必要となりますのでご注文の際にお申し出ください。

ソフトウェア「Streaming Dash Borad」

DASH Board

TOPページ
Media360を管理、運営される方が、効率的に運用、動画配信ができるようにStreaming DashBoardをご用意しています。 (WebブラウザーからMedia360(映像配信サーバ)本体にアクセスして利用します。本ツールは、管理者用のID,パスワードで保護されています)
Media360 OA-PRO(スリムタイプ)
機能解説
  • 「Broadcast Setup」 ブラウザからマルチデバイスにライブ放送することができるブラウザ版エンコーダー(Broadcaster)およびGoCoder(iOS/Androidモバイル版アプリ)を利用して、ライブ配信ができるエンコードツールです。
  • 「Player Setup」 標準Player(HTML5対応))よび360度パノラマVRプレーヤーを利用することができます。
  • 「Wowza管理ツール」 インテグレーションを行った際に構築したWowzaマネジャーツール(URL)が開きます。
  • 「簡易操作マニュアル」 Wowza日本語簡易操作マニュアルをご覧いただけます。
  • 「Dash Boardマニュアル」 本ツールのマニュアルをご覧いただけます。

Broadcast Setupツール

ブラウザ版Broadcaster
直ぐにライブ放送ができるよう、ブラウザ版Broadcast(エンコーダーツール)をご用意しています。このツールを利用することで、ご利用のパソコン、Webカメラからマルチデバイスへライブ放送することができます。
  • ライブ放送に必要な、通信ポートの判定。
  • ライブ放送に必要な、上り通信回線速度の測定と最適ビットレートの自動調整。
  • アダプティブライブストリーミング対応(トランスコードチューニング設定)。
  • Audioのみのライブエンコードに対応。
などの機能をブラウザ(Flash)経由でご利用頂けます。パソコン、Webカメラは、お客さまでご用意ください。
ブラウザ版Broadcaster
モバイル版Gocoder
お手持ちのスマートフォンにGoCoder(無料)のモバイルアプリを各ストアからダウンロード後、Broadcast SetupツールのQRコードで、難しいライブ配信設定を一発で行うことができます。スマホ内蔵のカメラでも高品質なライブ放送を行うことが可能です。更にサードパーティ製の広角レンズやマイク、スタビライザー、ホルダー付三脚などを使えば、手軽で本格的なライブエンコーダーとしてご活用頂くことが可能です。
モバイル版Gocoder

プレーヤー設定ツール

Player setup
Player Setupツールを利用して、動画をホームページに公開するために必要な標準プレーヤーの配信設定をWeb上で行うことができます。
Player setup
  • 各パラメーターについて
    1. プレーヤーモード(Video&Audio/Audio/360度パノラマVRモード)設定
    2. ライブ、VOD設定
    3. アプリケーション名、ストリーム名(FLV/MP4/Smil)設定
    4. ポスターイメージ設定
    5. PC向け、スマホ向け配信の有無、各プレーヤーOS別画面サイズ設定
    6. 各種配信形式に対応した各種プレーヤーの選択。
      プレーヤーモード「Video&Audio」では、YMWプレーヤー(MPEG-DASH/HLS/Flash/Silverlightなど)、Wowzaプレーヤーから選択することができます。プレーヤーモード「Audio」では、YMWプレーヤー(MPEG-DASH/HLS/Flash)を選択することができます。
    7. 自動再生、繰返し再生、暗号化配信、倍速再生、字幕などを設定後、プレビューにて再生を確認することができます。
  • 生成されたプレーヤー埋め込みタグについては、ホームページ(HTML)へ貼り付けすることで、動画を再生することができます。埋め込みタグは、Moodle(LMS)やWord Pressにも対応しています。
  • 簡易配信ページとして、URLアドレスが生成できますので、QRコード経由でスマホでの再生確認やメールで動画URLを送信するなど、マルチデバイスにライブやVODを簡単に公開することができます。
  • また、リファラーの認証機能により、指定されたホームページからのみ動画を再生することも可能です。
HTML5プレーヤー(VOD)倍速ボタンイメージ
HTML5プレーヤー(VOD)倍速ボタンイメージ
倍速については、PCの全てのブラウザに加え、スマートフォンの一部ブラウザにも対応しています。

YMW/Wowzaプレーヤー仕様

YMWプレーヤー
YMWプレーヤーとしての動作仕様については、一部環境を除き、 Flashプレーヤーのプラグインが不要です。HTML5に対応していないブラウザの場合は、Flashプレーヤーに自動セレクトされてビデオが再生されます。本プレーヤーを利用することで、以下のようなマルチデバイス向けのストリーミング配信をサポート致します。
  Win
7
Win
8.1
Win
10
MAC iOS Android
1.6-2.1
Android
2.3-3.0
Android
4.0-4.1
Android
4.2以上
Win
Phone
LG SmartTV
SONYブラうビア
Chrome - - - -
Firefox - R R - -
IE11 F ●/○ ●/○ - - - - - - - -
Edge - - - - - - - - -
Opera - - -
Safari - - - - - - - - -
Android - - - - - R F - - -

●:MPEG-DASH / ○:HLS / R:RTSP / F:Flash

>YMWプレーヤー(VOD)再生イメージ
Wowzaプレーヤー
DashBoardツールのプレーヤー選択からWowzaプレーヤーを利用できます。ご利用については、インターネットに接続できる環境が必要です。一部環境を除き、Flashプレーヤーのプラグインが不要です。プレーヤーのソースプログラムは、Wowzaライセンスに関係付けられており、CDN上で、管理、配布されています。HTML5プレーヤーとFlashプレーヤーはデザインが統一化され、自動セレクトされてビデオが再生されます。OS/ブラウザ別の配信特性は以下のとおりです。
  Win7 Win8.1 Win10 MAC iOS Android
4.2以上
Chrome
Firefox
IE11 F
Edge - - - - -
Opera
Safari - - - -
Android - - - - -

○:HLS / F:Flash(HLS) /△:動作保証なし

>Wowzaプレーヤー(VOD)再生イメージ

360度パノラマVRプレーヤー仕様

PC,スマホ/タブレットにおいて、主要な機種とブラウザに対応
パソコン、スマホ向けの対応状況は、以下のとおりです。ライブおよびVOD共通です。(HTML5ストリーミングに対応しており、Flashプレーヤーは利用しません。)
  1. Windows7 Chrome,Opera,Firefox
  2. Windows8.1 Chrome,Opera,Firefox,IE11
  3. Windows10 Edge,Chrome,Opera,Firefox,IE11
  4. Intel Mac OS10.9以上,Chrome,Opera,Firefox,Safari
  5. Android端末 OS4.4以上,Chrome,Opera
  6. iPhone (iPad)端末 OS10以上,Safari,Chrome,Firefox
  7. Windows Phone 10以上,Edge
  Windows7 Windows8.1 Windows10 MAC Android iOS Windows
Phone
Chrome -
Firefox × -
IE11 × - - - -
Edge - - - - -
Opera -
Safari - - - - -

ご購入

購入前のご相談

070-5512-5015

製品購入までの流れ

お見積り
動画配信より、Media360を選択し、お問合せ内容に「ご利用者(※1)」 「ご利用用途(※2)」をご記入の上、「お問い合わせフォーム」よりお見積りをご依頼ください。

※1 Media360をご利用される方(会社)
※2 ご利用用途を具体的にお知らせください。Wowzaライセンスによりご利用用途に制限がありますので、ご利用用途をヒアリングの上、お客さまに最適なWowzaライセンスをご提案します。
(その他)
入札案件などで調達をご検討の方は、販売店をご紹介させていただくことが可能です。個別にご相談ください。
内容確認
ヒヤリングシートなどでお見積り内容を確認させていただいた後、正式に御見積書・注文書を送付いたします。製品については、受注生産となります。納期については、ご確認ください。
ご注文
お送りした注文書にてご注文ください。
ご請求
原則前入金となりますので、ご請求書を送付いたします。掛け払いが必要なお客さまは、別途ご相談ください。
納品
ご入金確認後、予定の納期にて、製品およびWowza仮ライセンスコードを納品いたします。動作に必要な必要なWowzaソフトウェアライセンスキーについては、仮ライセンスコードとして、入金確認日から5~10営業日に発行いたします。

※仮ライセンスコードについては、エンドユーザー様にてWowza社のライセンス交換ページでユーザー登録後、本ライセンスキーに交換してください。Media360へのWowzaライセンスキーの適用については、弊社で代行することが可能ですので、お知らせください。
導入サポート開始
導入支援が必要が必要な場合は、別途費用にて対応いたします。
納品から有効なソフトウェア保守期間までサポートさせていただきます。
ハードウェア保証については、3年間となります。

Wowzaライセンスに関する注意事項

  • WowzaStreamingEngineエンドユーザーライセンス規約(End User License Agreement(EULA) )を承諾の上、Media360上でご利用ください。
  • 購入後ライセンス登録時に、本ソフトウェアを利用されるお客さま名(エンドユーザ名)(個人氏名、法人団体名を英語表記でご連絡ください。)、連絡先メールアドレス、住所、連絡先電話番号(携帯除く)が必要です。これら個人情報は、厳格に保管、管理させていただきますので、ご安心ください。
  • 納品物として、仮ライセンスコードをお送り致します。この仮ライセンスコードは、正式ライセンスキーと引換することができます。仮ライセンスコードから、正規ライセンスキーを取得する方法については、購入時にご案内いたします。

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ電話番号:070-5512-5015

Media360受付電話 受付時間 9:00~17:30(土日祝日・年末年始を除く)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
ページトップへ戻る